肥満治療の必要性とは?

ダイエットが続かない人には肥満治療薬

日本ではダイエットをしたい人は老若男女含めて多くいるので、DVDランキングにダイエットを目的としたDVDが入っていることもよくあります。
ネット通販のDVDランキングに入っているダイエット関連の商品には、本屋で買えるものも多く、ダンスやヨガ、ラジオ体操など色々な運動によって痩せようとするものが見られます。
肥満が気になっている人の中にはこうしたDVDランキングを見て話題のダイエット法のDVDを買ったけれど、三日坊主で続かなかったという人も多いに違いありません。
なぜなら運動によるダイエットは地道な努力が必要になるため、余程の根気がないと成功が難しいからです。
そんな自宅での運動によるダイエットに挫折した人たちにおすすめなのが、医療機関での肥満治療を受けることです。
肥満治療には2通りの種類があり、美容を目的とした肥満の改善を目指すものは美容外科などの美容クリニックで受けられます。
それとは別に健康のために肥満治療をする病院は、肥満によって生活習慣病が発症するなどの健康を損なう事態が起こらないように体重や内臓脂肪を減らすことを目指します。
肥満症は標準体重よりも20%以上体重が多い場合をいい、この状態になると高血圧や高脂血症、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群などになりやすくなるので治療した方が良いとされています。
肥満治療が出来る病院では、運動指導や栄養指導で体重を落とすことを目指す場合が多いですが、患者さんの状態によっては肥満治療の薬を処方することもあります。
肥満治療の薬として使われているものにはマジンドールという成分の食欲抑制剤やオルリスタットを主成分に持つ食事の脂肪を排出する働きを持つ薬などが存在します。
これらの薬は自由診療で処方してくれるクリニックもあるため、ダイエットの補助に薬を使いたいなら、それらのクリニックで医師に相談してみるのが良いでしょう。