肥満治療の必要性とは?
目次

肥満治療が必要な人とは

肥満女性の腰回り

日本人の肥満症の増加が深刻になっています。
日本人の生活は近年、食事の嗜好の変化により高脂肪の食事が増え、生活の利便化により運動量は低下してきています。
こう言った事が肥満の増加の原因と言われています。
最近「メタボリックシンドローム」と言う言葉を耳にする機会が増えました。
よく太っている人に対して「メタボ」と略して気軽に使われる事も多いですが、正確には腹囲が男性で85センチ、女性で90センチをオーバーしている事、さらにあわせて血清脂質、血圧、血糖の異常を2つ以上かかえている状態の事を言うのです。
メタボリックシンドロームの怖い所は心筋梗塞や、脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させる事にあります。
特に中高年の方は定期的に病院で健康診断を受け、自分の状態を確認し必要な時には肥満治療を行う事が重要です。
また、特に見た目が太っていない人も注意が必要な場合があります。
日本人は比較的インスリンの分泌能力が低く、肥満になる前に糖尿病にかかっていたり、見た目には肥満しているように見えなくても内臓脂肪が蓄積している場合があるからです。
この内臓脂肪が蓄積している状態は上半身型肥満とも呼ばれ、手足は細いのにお腹だけがぽっこりと膨らんでいるのが特徴です。
他人からは、あまり太っていると見られない場合も多く、そうなると自分自身も認識が甘くなりがちですが、内臓脂肪が蓄積している状態は特に注意が必要なので肥満治療も視野に入れて、病院でヘルスチェックを受けてみましょう。
肥満治療は肥満症患者の多い海外では一般的な事ですが、最近では日本でもずいぶん身近な存在になってきました。
健康的な生活を送る為の一つの方法として活用してみるのも良いでしょう。

日本の肥満度の割合

不摂生な食事風景

今や世界の人口の3分の1が肥満症と言われています。
欧米では特に肥満の増加が深刻で、病院での肥満治療や場合によっては外科手術も行われていますが、日本の場合はどうでしょうか。日本人の肥満の割合は男性28.6パーセント、女性20.3パーセント、全体では24.45パーセントで約4人に1人が肥満であるという事になります。
子供の肥満も増加傾向にあります。
ここ30年で2、3倍に増えているとの調査結果もあります。
食生活やライフスタイルの変化で、肥満症は日本人にとっても深刻な問題となってきました。
肥満症で怖いのはどんなところなのでしょうか。
一番怖いのは病気や怪我の原因となる事です。
腰痛や膝痛の関節障害、糖尿病、高血圧、脂質異常等の生活習慣病や、生活習慣病を発症することによる心筋梗塞や脳卒中等の恐ろしい病気を引き起こす事になります。
高齢者の肥満は足腰も弱り骨折等の怪我の原因にもなります。
肥満を解消する為に重要なのは生活習慣を整える事です。
具体的には適正な食事と運動を行い体脂肪を減少させていく事が必要です。
減量のペースは1か月に最大でも4㎏、平均2㎏の減量が適正です。
過度なダイエットで体重が一時的に落ちても、身体の筋肉や水分が減少しただけに過ぎませんし、リバウンドの原因にもなります。
自分一人で行うのが難しい場合には、病院の肥満外来で肥満治療を行うのも良いでしょう。
最近では肥満治療を行う病院も増えています。
肥満治療としては、まず最初にヘルスチェックを行い、現在の状態を確認してから、定期的に通院しつつ食事や運動の指導が行われます。
場合によっては食欲抑制剤や漢方薬等の投薬治療も行われます。
生活習慣病を持っている場合は、健康保険も適用なります。

ダイエット薬、ゼニカルの効果

ダイエットに成功した女性

肥満は重篤な疾患を引き起こす原因にもなりかねないので、早急な対応が必要になってくる事もあります。
運動などの長期的でかつ継続しないといけないダイエット法では続かないという人も多くいるでしょう。
そんな時に良く使われるダイエット法として、「ゼニカル」という医薬品を使用したダイエット法があります。
肥満治療のクリニックや専門病院で使われるダイエット薬のゼニカルは、体脂肪を撃退するために強力な効果があることが学会の研究報告でも確認されています。
肥満の原因は食べ過ぎであることが多く、胃が拡張している人は食べる量を減らすことが難しいので、ゼニカルを使うことで食事から体内に入ってくる脂肪分を胃や腸で吸収しないで体外に排出して摂取カロリーを大幅に減らせます。
普通の食事をしていても脂肪のカロリーをカットすることで食事の量を減らしたり低脂肪なダイエット食を食べたのと同じ効果を得られるので、食事制限が難しい場合でも簡単にダイエットに取り組めます。
ゼニカルは飲むだけで痩せる薬なのです。
ゼニカルを使って実際に肥満治療を行ってダイエットに成功した人の例も多く報告されていて、10キロ以上の減量ができた研究報告もたくさんあります。
太りすぎを放置していると体全体がだんだん不健康になり、後からダイエットをしても後遺症が残って病気になったりきれいに痩せられないこともあります。
メタボと診断されたり体がたるんでいると感じたら、ゼニカルを使ったり有酸素運動を行ったり、一度現状の食生活を見直したりして、早めに標準体重に戻れるように努力しましょう。
このゼニカルは個人輸入代行サービスを使用すれば簡単に入手することもできるので、気になった方はネットで調べて通販してみても良いでしょう。
ゼニカルはジェネリックを使うのも便利で、長期間の使用がわかっているのであれば始めからジェネリックを使い金銭的負担を軽減するのも良いでしょう。